【PR】【アフィリエイト広告】

1.0kgの軽さと打ちやすいキーボード。HP Dragonfly G4が発売

HPのDragofly G4は2023年6月発売のノートPC。

  • 13.5インチ 3:2ディスプレイ
  • 2-in-1ではなく普通のクラムシェル
  • CPUはインテル第13世代Uシリーズ
  • 打ちやすいキーボード
  • 1.0kgと軽い

という特徴があります。

HPのビジネスモデル最上位になるDragonflyも4代目(G4)となりました。

CPUが新しくなっただけのマイナーチェンジですが、軽さとキーボードにこだわるならトップ3に入るくらい完成度の高いPCだと思います。

スペック概要

・Windows 11 Pro 
・CPU: Core i5-1335U、Core i5-1345U、Core i7-1355U
・メモリ: 16GB オンボード
・SSD: 256GB、512GB
・ディスプレイ: 13.5インチ 1920x1280、光沢、IPS
・USBポート: Thunderbolt 4 (USB-C) x2、USB-A x1
・インターフェイス: HDMI、ヘッドフォン
・Webカメラ: 500万画素(1920p)、プライバシーキー
・顔認証あり、指紋認証あり
・LTE対応(オプション)
・重量: 1.0kg

Core i5-1335U、SSD256GBという最小構成で21.4万円(税込、送料込)
Core i5-1345UにするとvPro対応、リモート管理が可能となります。

価格はちょっと高めですが、それに見合うだけの価値はあります。

マグネシウム合金で作られたボディは上品で高級感が漂います。

ディスプレイは3:2

・FHD相当 1920×1280
・アスペクト比 3:2
・光沢、タッチ対応
・リフレッシュレート 60Hz
・輝度(明るさ) 350nit
・色域 sRGBカバー率 100%

という仕様。

写真は2022年モデルのDragonfly G3

アスペクト比 3:2です。

本機は13.5インチですが、14インチの16:10よりも縦が長いです。

これはけっこう大きなポイント。一般的な14インチよりも表示される情報量が多いので、Web検索やエクセルの作業効率が上がります。

また色域も広く、色にこだわる人も満足できる品質です。加えて光沢タイプなので、色がくっきり見えます。

キーボードにお金をかけている

Dragonfly G3 (2023年モデル)のキーボードはこんな感じ。

Enterキーまわりがきれいな配列になっており、見た目も良いです。

2023年モデルもこれと同じ配列を採用しています。

キーピッチは18.7mm、キーストロークは1.3mmです。クリック感がありちょっと硬め。好みの打ち心地です。1.0kg前後のPCではベスト3に入る品質だと思います。

あとタッチパッドは125x80mmと広く、そして滑らかです。12~13万のPCよりも滑らかさがワンランク上だと感じます。

Core i5-1335U、Core i7-1355U

CPUはCore i5-1335UやCore i7-1355UといったUプロセッサで、上位のPプロセッサよりも少し性能が抑えめです。

普段使いやビジネス利用までなら全く問題ない性能ですが、画像編集以上の作業になると差が出ます。

それでも第12世代のCore i5-1235Uよりは確実に性能アップしています。

発熱やバッテリーライフの問題も考えると、モバイルノートにはCore i5-1335UやCore i7-1355Uくらいがちょうどいいのかもしれません。

Spectre x360 14との比較

HPの個人向けモデルSpectre x360 14との比較。

WordPress Tables Plugin

Dragonflyの方が高いですが、1.0kgと圧倒的に軽いのが魅力です。

HPストア Dragonfly G4

Spectreもキーボードが良く出来ていておすすめです。
上位モデルは有機ELです。

HPストア Spectre x360 14-ef

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする