HP 14s-fq (2022年モデル)は微妙。DELLやLenovoに比べコスパが劣る。

HP 14s-fqは2022年発売の14型ノート

  • HPの中では下位シリーズ(安さ重視)
  • Windows 11搭載
  • 指紋認証付き
  • 重量は1.33kg

という特徴があります。

15.6型のHP 15s-eqと仕様はほぼ同じ、こちらはサイズが14型となっています。

スペック概要

CPU: AMD 3020e、AMD Ryzen 3、Ryzen 5
メモリ: 4GB、8GB
SSD: 128GB、256GB
ディスプレイ: 14インチ FHD(1920×1080)、IPS、光沢
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: SDカード、HDMI、ヘッドフォン
指紋認証あり、顔認証なし
Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
重量: 1.33kg

CPUはAMD 3020e、Ryzen 3、Ryzen 5の3種類。
一番安いAMD 3020eだとメモリが4GB、SSDが128GBという構成になります。この構成だと全てにおいてあと一歩、普段使いでもやや不安が残るスペックになるので、できればRyzen 3以上にした方がいいでしょう。

  • Ryzen 3 5300U
  • メモリ8GB
  • SSD 256GB

という構成で8.8万円(税込、送料込)という値付けがされていますが、これはかなり高いです。今後値引きがくると思うのでそれを待つか、別の機種を買う方がいいでしょう。

ボディは樹脂製(プラスチック)

HPシリーズはエントリーモデル(下位シリーズ)。そのためボディは樹脂製であまり強度はありません。

HPストアが用意した写真だけだとわかりにくいと思いますが、量販店に並んでいた兄弟機のHP 15s-fqの写真がこちらです。

樹脂製(プラスチック)と言っても、見た目はそんなに悪くありません。

ただこの価格帯ではDELLやLenovoのライバル機の方が質が良い(アルミ合金を使用)のでそれらと比較すると見劣りするのは確かです。

DELLやLenovoとの比較

HP、DELL、Lenovoのエントリー~ミドルレンジのPCを表にしてみました。

今回紹介したHP 14s-fqはエントリーモデル。DELLのInspironやLenovoのIdeaPad 500番台は格上のミドルレンジに位置しています。

何が言いたいかというと、このHP 14s-fqはそんなにコスパは良くないということです。

スペック概要で述べたように、HP 14s-fqのRyzen 3モデルが8.8万。これでは話になりません。少なくともInspironやIdeaPad 500番台よりも安くないとダメです。格上のInspironやIdeaPadが5~6万で売られているわけですから、HP 14s-fqのRyzen 3モデルも5万円台じゃないと厳しいでしょう。

格上、格下というのはスペック(性能)だけではなく、ボディの材質やキーボードの作り、ディスプレイの質やポートの種類などで決まります。なので、Ryzen 3をRyzen 5にしたからと言って話は変わりません。

厳しいことを言うようですが、結局この5万~8万くらいの価格帯はDELLとLenovoが強すぎるんですよね。

まとめ

  • コスパはあまり良くない
  • 値下がりを待つか、DELLやLenovoを買おう

DELL Inspiron 14 AMDはRyzen 5が6万円台です。

DELLストア Inspiron 14 AMD

Lenovo IdeaPad Slim 550 14型はRyzen 3が5万円台です。

Lenovoストア IdeaPad Slim 550 14型 (AMD)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする