【PR】【アフィリエイト広告】

薄型のゲーミングノート Legion Slim 5i Gen 8のレビュー

今回はLenovo Legion Slim 5i Gen 8のレビューです【貸出機材提供:Lenovo】

Legion Slim 5i Gen 8は2023年8月発売のゲーミングノートです

  • CPUはインテル第13世代のCore i5-13500H、Core i7-13700H
  • グラフィックスはRTX 4050 (RTX 4060や4070も搭載可能)
  • ディスプレイは16インチ 2.5K液晶、100%sRGB

という特徴をもっています。

機種名にスリムと入ってるように、本機はすっきりとしたデザインのクリエイター向けPCです。(なのでゲーミングノートというよりもクリエイター用PCとして評価していきます)

画像編集、生成AI、動画編集、そしてゲーム。ほぼ全ての用途に使える万能型PCで、かつ価格も安め(20万ちょい)というのが魅力です。

以下でくわしく見ていきましょう。

レビュー機のスペック

・Windows 11 Home 64bit
・CPU:Core i5-13500H
・メモリ:16GB (8GBx2) 
・ストレージ: SSD 512GB
・グラフィックス: GeForce RTX 4050 (TGP = 105W)
・ディスプレイ:16型 (2560×1600)、非光沢、165Hz、G-Sync対応
・USB: USB-C x2、USB-A x2
・インターフェイス: SDカード、HDMI、有線LAN、ヘッドフォン
・Webカメラ: FHD(1080p)、プライバシーシャッター
・顔認証なし、指紋認証なし
・ACアダプター 170W
・サイズ: 359.7x260.3x19.9-21.9 mm
・重量: 2.4kg

レビュー機はCore i5-13500HにRTX 4050の構成。

価格は2月8日時点で20.6万円(税込、送料込)です。

上位モデルはRTX 4060、4070も用意されています。

メモリは空きスロットが2つあるので増設可能です。理想を言えばメモリ32GBのモデルも用意してほしかったなと思います。

※価格の最新情報はLenovoのオンラインストアで確認してください。

デザイン、ディスプレイ

カラーはストームグレー。

無難な色ですが、アルミ合金を使用しており、まずまずの見た目です。

天板にはLEGIONと刻印。光を反射するので高級感があります。

ゲーミングノートにありがちなゴツさはなく、薄く作られています。

ACアダプターは少し大きめの170W。


ただ他メーカーの同等スペック機種よりは小さいです。最近のハイエンド機はこのACアダプターが非常にサイズをとるものが多いです。本機くらいのサイズなら許容範囲かなと思います。

ディスプレイは

・2.5K 2560×1600
・アスペクト比 16:10
・非光沢
・リフレッシュレート 165Hz
・輝度(明るさ) 350nit
・色域 sRGBカバー率 100%

という仕様。

ゲーム仕様であり、かつクリエイター仕様でもあります。

DELL Inspiron 14と比較するとご覧のとおり。

発色は本機の方が良いです。
Inspiron 14は7万円前後で買える機種なので比較するまでもありませんが、一応これぐらいの差が出るということは知っておいてほしいです。

良い: ゲーミングノートの中では薄型
良い: ディスプレイがクリエイター仕様を満たす

Webカメラ

WebカメラはFHD (1080p)です

写りは良好。

明るくてコントラストも効いています。

プライバシーシャッターは電子式のものが筐体側面についています。

ベンチマーク

CPUはCore i5-13500H。12コア16スレッド。インテル第13世代のCPUです。

Cinebench R23のベンチマークテストを実施したところ、

シングルスレッド: 3606
マルチスレッド: 26406

というスコアでした。

マルチスレッドは期待以上のスコアです。

Core i7-12700H (2022年のエース格)とほぼ同じスコアですし、新世代のCore Ultra 7 155Hよりも良いスコアです。

PhotoshopでRAW現像

PhotoshopでRAW現像10枚にかかる時間を計測してみました

機種 CPU タイム(秒)
DELL G15 5530 Core i7-13650HX 4.9
Yoga Pro 7i Gen 8 Core i7-13700H 5.1
Legion Slim 5i Gen8 Core i5-13500H 5.6
Legion Pro 5i Gen8 Core i7-13700HX 6.1
OMEN 16 Core i7-13700HX 6.7
Victus 16 (AMD) Ryzen 7 6800H 7.4
WordPress Tables Plugin

まずまず優秀なタイムです。
ただこのクラスの性能だとRAW現像は軽めの作業であまり差がつかないのも事実です。

AIによる画像処理 (Photoshop)

Photoshopのノイズ除去はAIを利用した新機能です。この処理にかかる時間も計測しました。

機種 CPU グラフィックス タイム (秒)
Legion Pro 5i Gen 8 Core i7-13700HX RTX 4070 14
OMEN 16 Core i7-13700HX RTX 4060 15
DELL G15 5530 Core i7-13650HX RTX 4050 16
Legion Slim 5i Gen8 Core i5-13500H RTX 4050 17
Yoga Pro 7i Gen8 Core i7-13700H RTX 4050 21
Victus 16 Ryzen 7 6800H RTX 3050 Ti 24
Zenbook 15 OLED Ryzen 7 7735U Radeon 680M 101
Inspiron 13 5330 Core i5-1340P Intel Iris Xe 224
WordPress Tables Plugin

この作業はGPU性能も効いてくるので、グラボ非搭載のPCよりも圧倒的な速さです。一方、グラボ搭載のPCだけで比較するとそんなに差は出ません。

Davinci Resolveで動画編集

動画編集ソフトのDavinci Resolveで180秒の動画をyoutube用に書き出すのにかかった時間を計測してみました。

機種 CPU タイム (秒)
DELL G15 5530 Core i7-13650HX 31
Legion Pro 5i Gen8 Core i7-13700HX 34
OMEN 16 Core i7-13700HX 37
Legion Slim 5i Gen8 Core i5-13500H 39
Legion 570i Core i7-12700H 40
Yoga Pro 7i Gen8 Core i7-13700H 42
Yoga 770 Ryzen 7 6800U 60
WordPress Tables Plugin

良いタイムです。

上位のCPUである13700HXを搭載したPCとさほど変わらない速さです。本機はグラボ搭載なので、書き出し以外の作業も快適です。

ゲーム

最後にゲーム性能に関していくつかテストしてみます。

まずは定番のベンチマーク、ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ(2021年発売)です。

1920×1080 標準品質(ノートPC)という条件でスコアは20253で「非常に快適」。平均フレームレートは146psでした。

機種 CPU グラフィックス fps
Legion Pro 5i Gen8 Core i7-13700HX RTX 4070 200
DELL G15 5530 Core i7-13650HX RTX 4050 167
OMEN 16 Core i7-13700HX RTX 4060 159
Legion Slim 5i Gen8 Core i5-13500H RTX 4050 146
Yoga Pro 7i Gen 8 Core i7-13700H RTX 4050 137
Pavilion Aero 13-be Ryzen 7 7735U Radeon 680M 60
WordPress Tables Plugin

優秀な結果ですが、ゲーミング特化型のPCと比較するとちょっと見劣りするかなという感じもします。

2024年に出たばかりの鉄拳8はデモを軽くプレイしただけですが60fpsが出ており問題なくプレイできそうです。

最後は3DMark Time Spy

RTX 4050としては上位のスコアです。

このスコアなら、FHDでほとんどのゲームを100fps以上でプレイ可能です。ただ重量級のゲームをやり込むにはもう1ランク上の性能が欲しいかなと思います。

以上のことをわかりやすくまとめると

○ネット、動画視聴
○オフィス系ソフトで事務作業
〇画像編集
〇動画編集
〇ゲーム

となります。

良い: AI画像処理や動画編集も快適
良い: FHD(1080p)ならほとんどゲームは快適
微妙: 重量級のゲーム用としてはやや不満

キーボード、タッチパッド

キーピッチ(キーの間隔)は18.7mm、キーストローク(深さ)は1.5mmです。

いわゆる「Lenovoの配列」でEnterキーやBackspaceキーが横のキーをくっついているのがマイナスです。

ストロークは深めですが、柔らかいです。打鍵感は悪くないですが、素晴らしく良いというほどではないです。

キーボードとは別ですが、本機には指紋センサーがありません。顔認証もないので、その点がマイナスです。

微妙: キーの配列、打鍵感はもう一歩
悪い: 指紋センサーなし

インターフェイス

USBポートは全部で4つ。

USB-Cが2つありますが、Thunderboltではありません。

・転送速度 20Gbps (Thunderbolt 4なら40Gbps)
・PD対応 (電力供給対応)
・映像出力対応

となっています。

残り2つは通常のUSB-Aポートです。

あとはSDカードスロット、HDMI、有線LAN、ヘッドフォンジャックです。

デジカメ用のSDカードスロットがあるのはポイントが高いです。クリエイター向けにおすすめする理由の1つです。

良い: SDカードスロット、有線LANポート

排気音(ファンノイズ)

ゲーミングノートで気になるのは熱と音。

負荷をかけたときはサーというファン音がけっこうします。
モードはバランスモードです。

参考程度ですがアプリで測定した音量は47デシベルでした。

普通のノートPCが40デシベル前後。
ゲーミングノートは45~50デシベルが平均です。

作業が終わるとすぐにファンが止まり、静かになるのは良い点です。

評価まとめ

デザイン ☆☆☆☆
キーボード・タッチパッド ☆☆☆☆
ディスプレイ ☆☆☆☆
性能、処理速度 ☆☆☆☆☆
インターフェイス ☆☆☆☆☆
コスパ ☆☆☆☆
WordPress Tables Plugin

短所
・指紋認証なし、顔認証なし
・ばりばりゲームをやる人には向かない

長所
・ゲーミングノートの中では薄い
・ディスプレイの色域が広くクリエイターもOK
・RTX 4050が平均以上の性能。FHDでゲームを楽しむのに最適
・SDカードスロット付き

大きな欠点もなく、とても良くまとまっています。

CPUとグラフィックスの性能をフルに発揮できているため、Core i5-13500H + RTX 4050という組み合わせでも優秀なパフォーマンスを出せていました。

AIを利用した画像編集や動画編集も苦にしません。
これで20万ちょいなら悪くないと思います。

2024年はCore Ultraシリーズを搭載したPCが話題ですが、 Core Ultra 7 155H + 内蔵GPUよりも本機の方が圧倒的に高い性能です。

ライバルはHPのOMEN 16 (2023)でしょう。

この機種も本機と同様にすっきりデザインのクリエイター向けPCで、しかも安いです。

OMEN 16 Legion Slim 5i Gen8
CPU Core i7-13700HX Core i5-13500H
PassMarkマルチ 31772 26406
グラボ RTX 4060 RTX 4050
TimeSpy 9735 8235
ディスプレイ解像度 2.5K 2.5K
sRGBカバー率 100% 100%
SDカードスロット なし あり
価格 20.0万 20.6万
WordPress Tables Plugin

OMEN 16は上位のCPU、グラボを搭載しており20.0万とコスパは良いです。

HPストア OMEN 16 (2023年モデル)

Legion Slim 5i Gen 8は、OMEN 16よりもさらに薄く、そしてACアダプターも小さめ。
またSDカードスロット付きという特徴があります。

今後さらに価格が下がったときはLegionを推したい気もします。

Lenovoストア Legion Slim 5i Gen 8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする