【PR】【アフィリエイト広告】

【レビュー】万能型PCとしてのHP OMEN 16 (2023年モデル)の評価は?

今回はHP OMEN 16のレビューです【貸出機材提供:日本HP】

HPのOMEN 16は2023年8月発売のゲーミングノートです

  • CPUはインテル第13世代のCore i7-13700HX。世代エース格。
  • グラフィックスはRTX 4060 (RTX 4070や4080も搭載可能)
  • ディスプレイは16.1インチ 2.5K液晶、100%sRGB
  • すっきりしたデザイン

という特徴をもっています。

OMEN 16はHPのゲーミングノートで最上位シリーズです。ゲームはもちろん、画像編集や動画編集などのクリエイティブワークにも向いています。

ほぼ全ての用途に使える万能型PCで、かつ価格も安め(20万ちょい)なので、当サイトでは高く評価しました。

以下でくわしく見ていきましょう。

レビュー機のスペック

・Windows 11 Home 64bit
・CPU:Core i7-13700HX
・メモリ:16GB (8GBx2) DDR5-4800MHz
・ストレージ: SSD 1TB
・グラフィックス: GeForce RTX 4060 (TGP = 140W)
・ディスプレイ:16.1型 (2560×1440)、非光沢、250Hz、G-Sync対応
・USB: Thunderbolt 4 x2、USB-A x2
・インターフェイス: HDMI、有線LAN、ヘッドフォン
・Webカメラ: FHD(1080p)、プライバシーシャッター
・顔認証なし、指紋認証あり
・ACアダプター 280W
・サイズ: 369x259.4x23.5 mm
・重量: 2.44kg

レビュー機はCore i7-13700HXにRTX 4060の構成。

価格は12月27日時点で20.9万円(税込、送料込)です。

上位モデルはRTX 4070、4080も用意されています。

メモリはオンボードではなくスロット式。つまり自分で換装(増設)可能です。

ただ理想を言えばメモリ32GBのモデルも用意してほしかったなと思います。

※価格の最新情報はHPのオンラインストアで確認してください。

デザイン、ディスプレイ

カラーはシャドウブラック。

無難な色ですが、アルミ合金を使用しており、まずまず高級感があります。

ただ黒なので少し指紋が目立つかなという感じもします。ベタベタになることはなく薄っすら付く程度。許容範囲だと思います。

天板にはOMEN 16と刻印

角度によってキラリと光ります。

全体の見た目はゲーミングノートにありがちなゴツさはなく、すっきりシャープな印象です。

ACアダプターは大きめの280W。


手の大きさと比べてもらえるとわかりますが、通常の3倍くらいのサイズです。

ディスプレイは

・2.5K 2560×1440
・アスペクト比 16:9
・非光沢
・リフレッシュレート 250Hz、G-Sync対応
・輝度(明るさ) 300nit
・色域 sRGBカバー率 100%

という仕様。

ゲーム仕様であり、かつクリエイター仕様でもあります。

DELL Inspiron 14と比較するとご覧のとおり。

色の発色が段違いに良いです。

良い: すっきりシャープなデザイン
良い: ディスプレイがクリエイター仕様を満たす
微妙: ACアダプターが少し大きい

ベンチマーク

CPUはCore i7-13700H。16コア24スレッド。インテル第13世代のCPUです。

Cinebench R23のベンチマークテストを実施したところ、

シングルスレッド: 4060
マルチスレッド: 31772

というスコアでした。

シングル、マルチともに優秀です。

Core i7-13700HXの平均値には少し足りていませんが、全体では上位に入ります。Core i7-13700HやRyzen 7 7840HSよりは上のスコアです。

PhotoshopでRAW現像

PhotoshopでRAW現像10枚にかかる時間を計測してみました

WordPress Tables Plugin

ハイスペックPCの中ではちょっと遅めですが作業自体は快適です。RAW現像はCPU性能のみが効くというわけではなさそうです。

AIによる画像処理 (Photoshop)

Photoshopのノイズ除去はAIを利用した新機能です。この処理にかかる時間も計測しました。

WordPress Tables Plugin

こちらは上位のタイムです。

この作業はGPU性能も効いてくるので、グラボ非搭載のPCよりも圧倒的な速さです。一方、グラボ搭載のPCだけで比較するとそんなに差は出ません。

Davinci Resolveで動画編集

動画編集ソフトのDavinci Resolveで180秒の動画をyoutube用に書き出すのにかかった時間を計測してみました。

WordPress Tables Plugin

こちらも優秀なタイムです。

本機はグラボ搭載なので、書き出し以外の作業も快適です。

ゲーム

最後にゲーム性能に関していくつかテストしてみます。

まずは定番のベンチマーク、ファイナルファンタジーXIV 暁月のフィナーレ(2021年発売)です。

1920×1080 標準品質(ノートPC)という条件でスコアは21908で「非常に快適」。平均フレームレートは159psでした。

WordPress Tables Plugin

優秀な結果ですが、ゲーミング特化型のPCと比較するとちょっと見劣りするかなという感じもします。

次はストリートファイター6

ちょっと重めのゲームですが、こちらも問題なく快適にプレイできます。

対戦モードでは60fps、他のモードでは108~119fpsという結果です。

最後は3DMark Time Spy。

これまでレビューしたPCではトップ。RTX 4070を搭載したLegion Pro 5iよりも上のスコアが出ています。

このスコアなら、FHDでほとんどのゲームを100fps以上でプレイ可能です。重量級のゲームをレイトレーシングONでプレイしたいなら最上位のRTX 4080モデルがおすすめです。

以上のことをわかりやすくまとめると

○ネット、動画視聴
○オフィス系ソフトで事務作業
〇画像編集
〇動画編集
〇ゲーム

となります。

良い: AI画像処理や動画編集も快適
良い: FHD(1080p)ならほとんどゲームは快適
微妙: とびぬけて得意な分野があるというわけではない

キーボード、タッチパッド

キーピッチ(キーの間隔)は18.7mm、キーストローク(深さ)は1.5mmです。

ストローク、打鍵感ともに平均的です。

テンキーがない代わりに、右サイドにHomeやPgUpなどのキーと矢印キーが配置されています。

微妙: キーの配列、打鍵感は平均レベル

インターフェイス

USBポートは全部で4つ。

USB-Cが2つあり、どちらもThunderbolt 4です。

・転送速度 40Gbps
・PD対応 (電力供給対応)
・映像出力対応

となっています。

残り2つは通常のUSB-Aポートです。

あとはHDMIと有線LAN、ヘッドフォンジャックです。

デジカメ用のSDカードスロットがないのは残念です。クリエイターPCとしてはぜひ欲しかったポートです。USBポートが豊富なのでその1つに変換アダプターを付けて運用する感じになると思います。

良い: Thunderbolt 4が2つ
良い: 有線LANポート
悪い: SDカードスロットなし

排気音(ファンノイズ)

ゲーミングノートで気になるのは熱と音。

負荷をかけたときはザーというファン音がけっこうします。
モードはバランスモードです。

遠くの夕立(雨)のような音でそれなりに大きいです。

参考程度ですがアプリで測定した音量は45デシベルでした。
計測した値よりも体感的には気になる音だと感じました。

ゲームによってはヘッドフォンが必要になるかもしれません。

評価まとめ

WordPress Tables Plugin

短所
・負荷時のファン音はそれなりに大きい
・SDカードスロットなし

長所
・すっきりしたデザイン
・RTX 4060搭載。FHDでゲームを楽しむのに最適
・ディスプレイの色域が広くクリエイターもOK
・コスパ良し

ゲーム、AIでの画像処理、動画編集など守備範囲が広いので多くの人におすすめできるPCです。

デザインもすっきりで見た目も良いです。

クリエイター目線で残念なのは、SDカードスロットが無い点。以前のOMEN 16には付いていただけに残念な変更です。

コスパは良いです。

WordPress Tables Plugin

ライバルのLenovo Legion Slim 7iと比較すると、3万以上安いです。

同じHPのVictus 16は15万と安いものの、ディスプレイのランクが1つ下ですし、ボディ全体の高級感もだいぶ下がります。

ゲームするだけなら15万のVictus 16もアリかもしれませんが、トータルの評価で考えるならやはりOMEN 16を推奨したいです。

HPストア OMEN 16 (2023年モデル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする