mouse X4-i7 (プレミアムモデル)はどうか? 条件をゆるめればコスパはさらに良くなる

mouse(マウスコンピューター)のX4-i7は2020年発売の14型ノート

  • 1.13kgと軽量
  • CPUはCore i7-10510Uで普段使いOK
  • 価格は9.8万(税込、送料込)

という特徴があります。

機種自体は2020年発売のものなのでちょっと古いですが、OSをWindows 11に刷新して2022年モデルとして販売されています。

14インチで1.2kgを切ってそこそこ安いPCが少ないので人気なようですが、コスパはあまり良くありません。

くわしく見ていきましょう。

スペック概要

OS: Windows 11 Home
CPU: Core i7-10510U
メモリ: 16GB (16GBx1)
SSD: 512GB
ディスプレイ: 14インチ FHD(1920×1080)、非光沢
USBポート: USB-C x1、USB3.0x2、USB2.0x1
インターフェイス: 有線LAN、HDMI、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 6
顔認証あり、指紋認証なし
重量: 1.13kg

CPUはCore i7でメモリは16GB。なんか高性能っぽく聞こえますが、2019~2020年のCPUなのでそうでもありません。基本的には普段使い、ビジネス利用までのPCです。

PassMarkのベンチマークスコアは以下のとおり。

CPUは2021年に飛躍的に性能アップしています。

Corei7-10510Uは、2021年のCore i3(Core i3-1115G4)と同等クラス。
2021年のCore i5(Core i5-1135G7)より明らかに下です。

快適度の目安は

〇ネット、動画視聴
〇ワードエクセル
〇Web会議
△画像編集
×動画編集
×ゲーム

といった感じになるでしょう。

おそらくこの機種を買う人の多くは、

・普段使いが快適ならそれで十分
・性能よりも軽さ
・そして安さ

を求めて購入しているものと思われます。

ディスプレイ

mouse X4シリーズのディスプレイはあまり良くありません。

輝度が180~250nit
色域はsRGBカバー率 63%

といったレベル。

以前レビューしたmouse X4-R5では、かなり暗めのディスプレイを引いてしまいました。

ご覧のとおりLenovoのIdeaPad C340 (輝度250nit)よりもだいぶ暗く、コントラストも低かったです。

実際にはこれよりも良いディスプレイになると思いますが、それでも10万前後のPCとしては平均以下です。

比較検討

14インチで1.2kg以下という条件だと、mouse X4-i7は安いです。

しかしちょっとだけ条件をゆるめると、コスパはもっと良くなります。

DELL Inspiron 14 AMDは1.54kgと重いですが、価格は一気に7万円台へ。

頻繁に持ち歩きしない人ならこれでも十分なはずです。2022年発売の新機種です。

DELLストア Inspiron 14 5425

いやいや、軽さは大切という人なら957gのHP Pavilion Aero 13はどうでしょう?

CPUスコアは倍以上にアップして価格はほぼ変わらず9.9万です。13.3型なので画面は少し小さくなります。

HPストア Pavilion Aero 13-be

Lenovo ThinkBook 13sも13.3型。

1.26kgなので少し重くなりますが、CPUスコアは倍以上アップ。ディスプレイのランクもアップして価格は8.5万です。

Lenovoストア ThinkBook 13s Gen 3

14インチで1.2kg以下が絶対ゆずれない条件というならmouse x4-i7が良いと思いますが、そうでないなら今回挙げた別の選択肢も考えてみましょう。ランク的には1つ、もしくは2つくらい上位の機種が手に入ります。

マウスコンピューターが高いのはサポート体制にも力を入れているからです。パソコン初心者の人には安心です。


公式ストア mouse X4-i7

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする