【好印象】HP ENVY x360 15-ee0000、Ryzen 5 4500U、Ryzen 7-4700Uを搭載

HPのENVY x360 15-ee0000は2020年7月発売のモデル

変形タイプの2-in-1で、CPUに話題のAMD Ryzen 4000番台を搭載しています

スペック概要

OS: Windows 10 Home (64bit)
CPU: Ryzen 5-4500U、Ryzen 7-4700U
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD、タッチ対応
USBポート: USB-C (10Gbps)x1、USB-A(5Gbps) x2
インターフェイス: HDMI2.0、SD、ヘッドフォン
サイズ: 約 358 × 230 × 18.9 mm
重さ: 2.0kg
ペンは別売り

Ryzen 4-4500UとRyzen 7-4700U
どちらを選んでもメモリは最大16GBです

重さは2.0kgと最近の15.6型にはしては少し重めです。

ディスプレイはタッチ対応の光沢タイプ。輝度は400nitと十分な明るさです

USBポートの種類、数もまずまず。
フルサイズのSDカードスロットが付いているのもポイントが高いです

Ryzen 4000番台

Ryzen 4000番台になることでの性能は飛躍的にアップしています

コア数 R20 Single Core R20 Multi Core
Core i7-10710U 6コア 460 2357
Core i7-10510U 4コア 441 1412
Ryzen 7-4700U 8コア 466 2602
Ryzen 5-4500U 6コア 446 2180
Ryzen 3-4300U 4コア 424 1501

Ryzen 5-4500Uが6コア、Ryzen 7-4700Uは8コアというコア数の多さがベンチマークスコアに寄与していることがわかります

Ryzen 5でIntelのCore i7-10510Uを遥かに上回ります

Ryzen 5-4500U
メモリ16GB
SSD 512GB

という構成でも十分な性能があり、写真のRAW現像も快適にこなしてくれるでしょう

あるいは最上位の

Ryzen 7-4700U
メモリ16GB
SSD 512GB

という構成もおすすめです

同時発表されたENVY 15 (x360がつかないやつ)は、さらにハイスペック仕様になっていていますが、なぜかそちらはフルサイズのSDカードスロットが付いていません。

SDカードスロット

SDカードスロットについてはいろいろ代用が効くので、あまり神経質にならなくてもいいかもしれませんが、個人的には絶対付いていてほしいポートです

今回HPが発表したノートPCで、デジカメ用のSDカードを挿すことができるのはこのENVY x360 15のみです

・ENVY x360 15: フルサイズ
・ENVY 15: micro
・ENVY x360 13: micro
・ENVY 13: micro
・Spectre x360 15: micro

そういう意味では貴重な存在です

価格もENVY 15やSpectreに比べるとかなり安いので、ぼくのイチオシはこのENVY x360 15です。変形2-in-1タイプですが、通常のクラムシェル型ノートとして使う感じでしょう

・CPUがRyzen 4000番台でパワーアップ
・SDカードスロット付き
・価格は抑えめ

7月中旬以降の販売開始です

公式オンラインストア ENVY x360 15のスペック詳細へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする