VR Readyな高性能ノートPC、GALLERIA QSF1060HEってどんなの?

普段はあまり縁のない高性能なグラボを搭載したノートPCがたまたま目に入ったのでどんなもんなのかな~?って感じで見てみました。

最近話題のVR。
digi1610183

このVRのゲームをプレイするには、いわゆるゲーミングPCと言われるタイプのパソコンが必要になってきます。

必要な条件は、何と言ってもグラフィック性能。これが足らないとカクカクした動きになってせっかくのゲームを楽しめないばかりか、乗り物酔いのような症状になってしまう可能性があるのです。

GALLERIA QSF1060HEはドスパラというパソコン通販サイトで販売されているノートでVRにも対応しています。

digi1610181

「VR Ready」ってやつです。

グラフィックスはNVIDIAのGeforce GTX1060です。

ぼくが普段紹介しているビジネス用のノートだと、GTX930MからせいぜいGTX950Mぐらいです。「GTX・・・」の後に付く数字が大きいほど性能が良く、GTX1060はビジネス用のグラフィック性能とは比較になりません。

グラフィック性能を調べる有名なベンチマーク、3DMarkでは以下のようになっています。

digi1610182

一番下のIntel HD 520が2016年時点での一般的なノートPCに搭載されているGPUです。なんかとってもショボく見えますが、ネットや動画鑑賞ではこれでも十分な性能です。逆に言うと、VR Readyと言われるGTX 970以上の水準がいかに高性能なのかがわかります。

実際Steam VRベンチというVRのパフォーマンスを測るベンチマークテストでもGTX1060は11点満点中8.3点と高評価です。

そんなグラフィック性能を有しているGALLERIA QSF1060HE。
その他のスペックは

CPU: Core i7-6700HQ
メモリ: 8GB
ストレージ: SSD 250GB + 1TB HDD
ディスプレイ: 15.6型 FHD(1920×1080)

となっています。

ゲーミングノートとして文句ないレベルでしょう。

これで価格は、183,574円(税込み、送料込み)

ちなみに+5,000円でメモリを16GBにアップグレードすることも可能です。

普段10万前後のノートパソコンを多く見ているぼくからすると、やはりちょっと高い印象がありますが、先ほどのグラフィック性能の差を見せられると、この値段も納得です。

ノートパソコンでVRを快適に楽しみたい人には良さそうです。

詳しいスペックはドスパラ公式ページで確認してください。

⇒ GALLERIA QSF1060HE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする