【将棋】羽生さんのマイナーな名手23金

2006年のA級順位戦 羽生-藤井


(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

居飛穴-振り穴という戦型なのでアマチュアも興味ある形ですね。

digi1609171

中盤、羽生さんの攻めが切れかけていて藤井さん優勢の局面。
digi1609172

ここで羽生さんの指した23金がすごい一手でした。

digi1609173

直接のねらいは桂馬を取って55桂。これで相手の飛車を取ってしまうのがねらいです。

そこで23金に相手は54歩と桂馬にヒモをつけながら飛車に逃げ道を確保します。

先手は36歩と突いて銀を追い払い、
digi1609174

24金とじっと歩をとって歩切れ解消。しかしこんなところに金を打って、たった一枚の歩を取る手が良いはずはありません。常識的には。。。

羽生さんはそんな常識を覆すかのように、この後入手した歩を頼りに桂頭を攻めて「と金」を作り、また相手の馬筋を消す利かし48歩などが入り、最後は9筋8筋からの玉頭戦(?)を制します。

形勢はすでに羽生さん勝勢。

digi1609175

ここからの寄せも見事です。

23金はアマチュアがマネをするとダメなやつですが、ここからの寄せの手順はぜひマネしてください。

▲83歩 △同飛 ▲84歩 △53飛 ▲73歩 △同飛

digi1609176

歩を使って相手の陣形を崩し、

digi1609177

最後は91角!

ズバッと大技を決めました。

以下、同玉に73金と飛車を取って83歩成で一手一手です。

将棋には「一歩千金」という格言がありますが、実際に一枚の歩が金と同等の価値を持つ場面なんてあり得ません。

そんな中で非常に稀な例外(格言的には例外じゃない)を示したのがこの一局です。歩切れ解消を追求した結果が名手23金を生み出したと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする