Sonyの新フルサイズ機「α7C」α6500ユーザーから見た第一印象は・・

Sonyがコンパクトなフルサイズ機、α7Cを正式に発表しました。

発表前から少しずつ情報が出ておりネット上でも盛り上がっていましたが、とうとうきたなという感じですね。

SonyのAPS-C機を使ってるぼくも興味をひかれました。いま使ってるレンズの半分がフルサイズ用なので、そのレンズがそのままα7Cで使えるのは大きな利点です。

α7IIIシリーズは重すぎるし、高すぎると敬遠していたSonyユーザーは多いんじゃないでしょうか。

主なスペックは以下のようになっています

センサー
フルサイズ裏面照射型CMOS

有効画素数
2420万画素

AF
693点 位相差検出方式
425点 コントラスト検出方式

瞳AF
人物/動物

背面モニター
バリアングル式

ボディ内手ぶれ補正
5.0段分

重さ
509g(バッテリー込)

α7 III(650g)と比べてカスタムボタンが少ないものの、軽さが魅力といった感じでしょうか。

509gという重さは当初本体のみの重さかと思ってましたが、バッテリー込の重さでした。これはかなりがんばってると思います。

背面モニターがバリアングルになったのは歓迎したいです。これで縦構図のローアングルも楽に撮れるようになるはずです。

かなり良さそうな印象ですが、価格は思ってたほど安くはないです

ボディのみで21万円

スペックから考えるとそれぐらいするのは納得なのですが、やはりAPS-C機の価格帯に慣れてる人間にはけっこう高めなのねというのが正直なところです

ぼくが今使ってるのはSony α6500と比較してみました

どうせならα6600で比較した方が良かったかもしれませんが、ぼく個人の事情によりα6500と比較しました。ご了承ください。

重さは56gの差。今α6500につけてるレンズをα7Cにつけてもギリやっていける感じはします

しかしα7Cのグリップは浅めで、ちょっと握りづらい形状になっているのが気になります

同じ重さでもグリップがしっかりしてるかどうかで手や手首の疲労感はかなり違ってきます。特に縦に構えて静止するときに手首に負担がきます

ぼくはα6500でも長時間使用で手首を痛めてしまったことがあるくらいなので、それよりも重くて握りづらいα7Cだとちょっと厳しいかなという感じがします

ぼくはまずは様子見。買うとしても値段がもう少し下がってきてからでしょう。

それよりもα6500の優秀さを再認識したので、α6500の中古をもう1台買う可能性もあります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする