ThinkPad T15gは超ハイスペックなモバイルワークステーション

ThinkPadのTシリーズに何やら見慣れない機種が1つ混じってるなあと思ったら、モバイルワークステーションでした

ThinkPad T15g

15.6型で重さは2.74kgと重量級。
それに見合うだけのスペックを備えています

スペック概要

OS:
Windows 10 Home (64bit)
Windows 10 Pro (64bit)
Windows 10 Pro for Workstations (64bit)

CPU:
インテルXeon W-プロセッサー
第10世代インテルCorei5,i7,i9-Hプロセッサー

メモリ:
最大128GB

SSD:
最大2TB

グラフィックス:
NVIDIA GeForce RTX 2080
NVIDIA GeForce RTX 2070

ディスプレイ:
15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080) 、光沢なし、300nit
15.6型 FHD IPS液晶 (1920×1080) 、光沢なし、500nit、HDR
15.6型 UHD IPS液晶 (3840×2160) 、光沢なし、600nit、HDR
15.6型 UHD OLED (有機ELディスプレイ) (3840×2160) 、光沢あり、400nit、マルチタッチ対応、HDR

USBポート:
USB Type-C 3.1 Gen 2 x2(Thunderbolt 3対応)
USB Type-C 3.1 Gen 1 x1
USB Type-A 3.1 Gen 1 x2(内、Powered USBx 1)

インターフェイス: HDMI、フルサイズSD、有線LAN(RJ-45)
バッテリー: 17.4時間
重さ: 2,74kg

見てるだけで恐ろしくなるようなスペックです(笑)

実はこのT15gは、すでに販売されているThinkPad P15とほとんど同じ仕様です。

P15との違いはグラフィックス。

P15はQuadroシリーズですが、T15gにはGeForce RTXシリーズが搭載されています

Quadroは3DCAD向けであるのに対し、GeForceシリーズ搭載のT15gはゲーム向け(万能向け)です

T15gに搭載できるRTX 2070やRTX 2080は性能が高く、ゲーミングノートとしても上位に位置します。3DCADもそこそこ使えるようで、Nvidiaの公式HPには以下のような目安が載っています

メモリは最大128GB
SSD容量と間違えそうなメモリです(笑)

ゲームやクリエイター向けで考えるなら32GBくらいあれば十分でしょう。

ディスプレイは高輝度600nit、4K(UHD)も用意されています

◆インターフェイスも充実

当然ですが、インターフェイスも充実しています

ただ配置は注意しておきましょう。

筐体の背面に

・有線LAN
・USB Type-C 3.1 Gen1
・USB Type-C 3.1 Gen2×2(Thunderbolt 3対応)

が付いています

そして側面には

・SDカードリーダー
・USB Type-A 3.1 Gen1
・HDMI

などです

背面のポートは、抜き挿しする頻度が高いと使いづらいです。USBーCポートが全部背面に設置されているのはちょっと気になります。

外部ディスプレイと接続するなら背面で大丈夫ですが、何かちょっとしたものをUSB-Cポートに接続したい場合は不便に感じるかもしれません。

気になる点はそのくらいで、スペックに関しては何の文句もないと思います

あとは価格。
ThinkPadは、平日の夜間と土日に価格が安くなります。

その時間帯をねらって注文しましょう

Lenovo公式ストア ThinkPad T15g

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする