【PR】【アフィリエイト広告】

Celeron N5095のPassMarkスコア。N5105とほぼ同じ性能か?

Celeron N5105は4コア4スレッド、基本周波数2.0GHzのCPUです。

PassMarkのベンチマークスコア(マルチスレッド)は4028と悪くない数値です。

マルチスレッド性能は、Core i5-7200UとCore i5-8250Uの中間、つまり2017年のCore i5と2018のCore i5の中間くらいに位置しています。

普段使いまでならまずまず使えるCPUだと思います。

Celeron 5000番台はけっこう優秀で、N5095の他にもN5100、N5105とよく見かけます。

WordPress Tables Plugin

この中ではN5100だけ基本周波数が1.1GHzと低いです。
結果ベンチマークスコアも他より低くなっています。

N5095とN5105はほぼ同じスコア。

シングルスレッドもマルチスレッドも似たスコアが出ているので、性能もほぼ同じと考えていいでしょう。

経験上、

  • シングルが1500以上
  • マルチが2500以上

あれば、普段使いはそれなりに快適です。

Celeron N5095、N5105ともに基準をクリアしています。

ただシングルのスコアは1500をギリギリ上回る程度なので、過大な期待は禁物です。

まとめ

  • Celeron N5095はセレロンの中では頑張ってる方
  • ランク的には「中の下」~「下の上」あたり
  • ネット、動画視聴、ワードエクセルくらいなら快適

Celeron N5095を搭載したミニPCはAmazonで2万円台で購入できます。

これが最近じわじわ人気です。

Beelink Minis ミニPC

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする