【PR】【アフィリエイト広告】

Core i3-N305のPassMarkベンチマークスコア。普段使い用のCPU

Core i3-N305は2023年以降のノートPCやミニPCに搭載されているエントリー向けのCPUです。8コア8スレッド、ターボブーストは3.8GHzです。

4月1日時点でのPassMarkスコアは

サンプル数: 5
シングルスレッド: 2295
マルチスレッド: 10527

という結果です。

マルチはそれなりに優秀ですが、シングルはそうでもないです。

WordPress Tables Plugin

第10世代のCore i5、第11世代のCore i5と比較してみると上の表のようになります。

Core i5-1035G1と比べると、シングルが同等、マルチはN305が上です。
Core i5-1035G1よりは優秀だと考えていいでしょう。

Core i5-1135G7と比べると、シングルは1135G7が上、マルチは少しN305が上です。この場合はシングルで上回る1135G7が優位だと思います。グラフィックスも1135G7が優位に立っています。

つまり、

1135G7 > N305 > 1035G1

という順です。

普段使い用のCPUはマルチよりもシングルのスコアが重要なので、この順に並べました。

代表的なCPUのシングルスレッドをグラフにしたものが下図です。

Core i3-N305はミドルレンジの下の方。ネット、動画視聴、ワードエクセルまでが守備範囲となります。画像編集以上は厳しいと思っておいた方がいいでしょう。

Core i3-N305搭載機と価格

AcerのAspire 3 A315-510P-H38U

CPU: Core i3-N305
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920x1080)、IPS
重量: 1.7kg

という構成がAmazonで5.5万円(クーポン適用時)です。

Core i5-1135G7搭載機の相場が6~7万くらいなので、N305だと5万円台が妥当なラインでしょう。

Aspire 3 A315-510P-H38U

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする