【PR】【アフィリエイト広告】

AMD Ryzen 5 7640HSのベンチマーク。価格を抑えたゲーミングノート用

AMD Ryzen 5 7640HSは6コア12スレッド。2023年に出たCPUで、エントリー~ミドルレンジのゲーミングノートに搭載されることが多いCPUです。

Cinebench R23のベンチマークスコアは以下のとおり。

シングルコア: 1658
マルチコア: 13898

マルチコアで比較すると、Core i7-12700HやRyzen 7 6800Hといった2022年組よりも下です。

このクラスとしてはそこまで性能は高くないです。

その分価格も抑えめ

12~13万くらいで7640HS搭載のゲーミングノートが購入できます。

2022年のRyzen 7 6800Hと比較してみると、6800Hはターボブーストが4.7GHzなのに対し、7640HSは5.0GHzと周波数では7640HSが上です。そのためシングルコア性能は7640HSが上を行きます。

WordPress Tables Plugin

ゲームによってはマルチコアよりもシングルコア性能が重要になってくることが多いので、7640HSのようにシングルコア性能が高いCPUはゲーム向きと言えます。

Ryzen 5 7640HSを搭載したゲーミングノート

HP Victus 16 (AMD)

CPU: Ryzen 5 7640HS
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 16.1インチ 1920x1080、144Hz
グラフィックス: GeForce RTX 4050 (TGP 120W)
重量: 2.3kg

という構成で13.1万円(税込、送料込)

グラボがRTX 4050なので、FHDでゲームを楽しむには最適です。
重量級のゲームの設定次第でOKです。

HPストア Victus 16 (AMD)

Lenovo LOQ 16APH8

CPU: Ryzen 5 7640HS
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 16インチ 1920x1080、144Hz
グラフィックス: GeForce RTX 3050 (TGP 95W)
重量: 2.6kg

という構成で12.0万円(税込、送料込)

グラボ性能を1ランク下げてRTX 3050にすると、12万で買えます。

RTX 3050でもFHDならストリートファイター6は快適にプレイ可能。
予算がない人はこちらでもいいでしょう。

Lenovoストア LOQ 16APH8(AMD)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする