【PR】【アフィリエイト広告】

コスパ良しのHP 255 G8。Ryzen 5搭載で6万円台の15.6型ノート

HP 255 G8は2021年8月発売の15.6型ノート。

  • HPのビジネス用モデル
  • 15.6インチで1.74kg、据え置き用
  • Ryzen 5 5500Uを搭載したモデルが6万円台
  • ディスプレイ輝度は250nit、平均的
  • 有線LANポート付き
  • 指紋センサーあり

という特徴があります。

コストを抑えた機種で所々物足りない部分もありますが、全体的にはまずまずといった印象です。

スペック概要

CPU: AMD Ryzen 5 5500U
メモリ: 8GB (8GBx1)
SSD: 256GB
ディスプレイ: FHD(1920×1080)、非光沢、UWVA
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、有線LAN、SDカード、ヘッドフォン
指紋センサー: あり
Wi-Fi: Wi-Fi 5対応
重量: 1.74kg

CPUはRyzen 5 5500Uでミドルスペックです。普段使い、ビジネス利用までなら快適にこなしてくれる性能です。画像編集、動画編集、ゲームといった負荷の高い作業になったときにネックとなるのがメモリが8GBx1のシングルチャネルという点。

同じ8GBでも8GBx1のシングルチャネルか、4GBx2のデュアルチャネルかで画像編集などのパフォーマンスがかなり変わります。本機はシングルチャネルなので、ビジネス利用までに留めておいた方がいいでしょう。

割引クーポンを適用すると6.4万円(税込、送料込)で購入できます。

ディスプレイ

ディスプレイはFHD(1920×1080)で、UWVA(Ultra Wide Viewing Angle)となっています。はっきりIPSパネルと書いてあるわけではないので確証はないですが、視野角が広めのパネルを使っていることは確かなようです。

・輝度250nit
・sRGBカバー率 63%

6万前後のPCとしては平均的なディスプレイです。

額縁(ベゼル)はちょっと太めでしょうか。あとWebカメラを隠す物理シャッターが付いていないようです。

この辺はコストを抑えたなというのが見えてしまいますね。

例えばDELLのInspironも同じ価格帯ですが、額縁はしっかりと細めです。

これを見て改めてHP 255 G8の額縁を見ると野暮ったく感じてしまいます。

ちなみにDELL InspironにはWebカメラを隠すシャッターも付いています。

まとめると、

  • 解像度 普通
  • 輝度 普通
  • 色域 普通
  • 額縁の細さ 平均以下
  • Webカメラのセキュリティ 平均以下

といった感じで少し不満が残ります。

インターフェイスとキーボード

インターフェイス(端子類)はまずまず充実しています。

HDMIや有線LANポート、SDカードスロットも付いています。

ネット接続はWi-Fiという家が多いと思いますが、いざというとき有線LANポートがあると助かります。有線だと回線速度も速いですし、接続が安定しています。

USBポートは全部で3つ。USB-Cはデータ転送のみで、PD(電源供給)に非対応です。

キーボードはしっかり作ってあるようで、配列はきれいです。

キーストロークは1.5~1.7mm、平均よりも少し深めです。

DELL Inspiron 15 AMDとの比較

15.6型ミドルスペックで安いノートPCとなると、途中でも出てきましたがDELLのInspiron 15 AMDが有力です。

WordPress Tables Plugin

比較してみると、HP 255 G8も健闘していると思います。

ただ見た目の高級感とか、額縁の細さではInspironの方が上なので、個人的にはInspironをおすすめしたいです。

DELLストア Inspiron 15 AMD

HP 255 G8はHPのビジネス用モデルでは最も下位のシリーズ。上位モデルのHP ProBookシリーズまでいけば品質の安心感もあるのですが、下位モデルだとどうしても不安が残ります。

そんな中、有線LANポートとキーボードの打ちやすさは確実なプラスポイントです。ちょっと地味ですが、この2つはビジネス利用を考えたときにはけっこう効いてくるポイントかなと思います。

土日か平日の夜間には割引クーポンが出ています。

公式ストア HP 255 G8

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする