【PR】【アフィリエイト広告】

富士通のFMV LIFEBOOK AHシリーズ WAB/E3、ディスプレイが弱点だが・・

富士通のFMV LIFEBOOK AHシリーズ WAB/E3はちょっと前に値下がりしたせいか、価格.comのランキング上位に顔を出すくらいの人気機種となっています。

CPU=AMD 3020e搭載とRyzen 5 3500U搭載の2モデルがあります。
Ryzen 5の方で59,800円(税込、送料込)とまずまずの安さです。

ただ、ディスプレイがHD(1366×768)でTN液晶なんでそこが大きなネックですね。

・CPU性能 60点
・デザイン 60点
・ディスプレイ 40点
・キーボード 90点
・インターフェイス 85点
・コスパ 70点

といった感じでしょうか。

悪くはないですが、コスパがめちゃくちゃいいというわけでもないです。

でも国産メーカーの富士通という安心感と、最近めずらしいDVDドライブ付きという仕様、そしてキーボードが打ちやすいというのが特長です。

購入する上での注意点をまとめてみました。

スペック概要

CPU: AMD Ryzen 5 3500U
メモリ: 8GB (4GBx2)
SSD: 256GB
ディスプレイ: 15.6インチ HD(1366×768)、光沢、TNパネル
USBポート: USB3.1 (type-C)x1、USB3.1 (typeA) x2、USB2.0 x1
インターフェイス: DVDドライブ、有線LAN、SDカード、HDMI、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 5対応
重量: 2.0kg

Amazonで上記の構成が59,800円です。

CPUのRyzen 5 3500Uは2世代古いRyzen 5です。

ネット、動画鑑賞、ワード、エクセルまでは快適にこなせるでしょう。
画像編集(RAW現像)以上になるとちょっと苦しいです。ゲームは軽めのゲームを低設定でプレイするような感じだと思います。

メモリとSSDはミドルスペックの水準のクリアしているので問題ありません。

問題はディスプレイ。
一般的なフルHD(1920×1080)ではなく、ワンランク下のHD(1366×768)になっています。
おまけにTNパネルといって、視野角が狭く、コントラストも低めの液晶が使われています。

  • 輝度: 220nit
  • 色域: sRGBカバー率63%

なので、明るさや色再現性も平均以下のディスプレイとなっています。

これをどのくらい許容できるか?で本機の評価は決まります。

FHD以上、IPSパネルは絶対条件、だから「ナシ!」という人もいるでしょうし、いやいや画質はそんなにこだわらないから「アリ」と言う人もいるでしょう。

個人的にはHD(1366×768)でTNパネルはかなり厳しいと思います。youtubeを見たり、SNSで写真や動画をチェックしたり、Netflixでドラマや映画を観たり・・とにかく画質の良さが求められることが多くなりました。

4~5年前ならまだしも、今はもうスマホのきれいなディスプレイに慣れてしまってるのでそれとPCのギャップが大きすぎると、ちょっと耐えられないのではないかと危惧します。

もし買うなら、ディスプレイは外付けを用意した方がいいかもしれません。それなら本機の最大の弱点がなくなり、他のプラス面が活きるでしょう。

キーボード

キーストローク(キーの深さ)が2.5mmもあります。

ノートPCの平均が1.5mm前後。0.3mm違うだけで打鍵感が別物になると言われるキーストロークですが、これが平均よりも1.0mmも深い2.5mmもあるというのは驚きです。

デスクトップのキーストロークが3mm~4mm程度です。さすがにそこまではいかないものの、ノートPCの中では最も深いストロークではないかと思います。

ストロークが深く、打鍵感の良いキーボードに仕上げてあるのが富士通ならではの特長です。

キーの配列もきれいです。DELLやLenovoの海外メーカーだとこうはいきません。

インターフェイス

インターフェイス(端子類)も充実しています。

冒頭に言ったDVDドライブ付き。
あとSDカードスロット付き。
有線LANポート付き。

これらのポートが全部そろっている機種は相当めずらしく、メモリ8GBで5万円台という条件を加えると本機かHPのビジネス用モデルの2機種くらいしかありません。

USBポートは全部で4つ。
USB-Cが1つありますが、これはPD(電源供給)には対応していません。モバイルバッテリーからの充電はできませんが、2.0kgある本機であれば常に同じ場所で電源に接続したままで使うことがほとんどなはずなので、そこまでマイナスにならないでしょう。

周辺機器との接続で困ることがないのが良い点です。

DELL Inspiron 15 3501との比較

15.6型ノートで5万円台という価格なら、DELLのInsprion 15 3501という機種も候補として考えてみましょう。

CPUはCore i3ながら最新の第11世代なので、富士通のLIFEBOOKよりも性能は上です。

各項目を独自採点すると以下のとおり。

WordPress Tables Plugin

DELL Inspironは穴がなくバランス型。万人向けはこちらです。

対する富士通 LIFEBOOK WAB/E3は特化型

価格はどちらも5万円台なので安いので、自分にとって都合の良い方を選びましょう。

どちらもAmazonで在庫があればすぐに届けてくれます。

Dell ノートパソコン Inspiron 15 3501

富士通 ノートパソコン FMV LIFEBOOK AHシリーズ WAB/E3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする