Lenovo IdeaPad L360iをおすすめしない理由

LenovoのIdeaPad L360iは2021年2月~3月発売のモデル。

  • 15.6型オーソドックスな据え置きノート
  • 量販店で販売されているモデル
  • DVDドライブ付き
  • 有線LANポート付き
  • ディスプレイが暗い

という特徴があります。

CPUはインテル第11世代のCore i5、i7で性能は良いのですが、ディスプレイがTN液晶なのがネックです。

当サイトとしては、あまり推奨はしません。

DVDドライブや有線LANポートが絶対に必要という人ならまだしも、そうでない人は普通にLenovo直販でIdeaPad 500番台の機種を買った方がいいでしょう。

その方がコスパも良いです。

◆スペック概要

CPU: Core i5-1135G7、Core i7-1165G7
メモリ: 8GB
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080) TN液晶
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、有線LAN、ヘッドフォン
光学ドライブ: DVDドライブ
重量: 2.2kg

量販店で売られているのは

・82HL001NJP (Core i5モデル)
・82HL001AJP (Core i7、オフィス付きモデル)

の2モデルを見かけます。

コスパはあまり良くありません。

ディスプレイ

ディスプレイはコストを抑えたTN液晶です。

5万円以下のPCでよく見るやつです。

TN液晶は画質が悪く、発色もイマイチ。視野角も狭いのでやめた方がいい液晶です。

輝度も220nitと平均以下の明るさです。

下の写真は2020年発売のIdeapad S145 (15)の液晶。

画質が悪いのがわかりますね。
今回のIdeaPad L360iはここまでひどいとは思いませんが、TN液晶はかなり質が落ちるってことを覚えておいた方がいいです。

Ideapadの100番台、300番台はディスプレイがネックなんです。

冒頭で500番台を買えって言ったのは、Ideapad 500番台からディスプレイの質が良くなるからです。

DVDドライブ付き

DVDドライブ付きのノートパソコンは最近ほとんど見ません。

理由は簡単で

・DVDは滅多に使わない
・DVDドライブ付きだと、本体重量が重くなる
・厚みも出る
・故障しやすい

からです。

いまはドラマや映画を観るのもNetflixやHulu、Amazonプライムなどのストリーミングが主流ですね。

「自分は絶対にDVDドライブを使う」という人は、外付けのDVDドライブを買う方がパソコンの選択肢が広がるので良いと思います。

IdeaPad L360iはDVDドライブ付きですが、さっき言ったように肝心のディスプレイの画質が悪いです。どうしても買いたいという人は、外付けのディスプレイで対応するしかないです。

つまり、

(1)IdeaPad L360iを諦める。別のノートPCと外付けのDVDドライブを買う。

(2)やっぱりIdeaPad L360iがいい。外付けのディスプレイを買う。

という2通りの選択肢がおすすめとなります。

Lenovoは直販で買う方がお得

Lenovoは公式のオンラインストアで買うのが圧倒的にお得です。

楽天やAmazonだと名前や住所をいちいち記入しなくてもいいので楽ですが、それだと1~2万は損してます。面倒でも公式ストアでちゃんと購入した方が良いです。

IdeaPad L360iの代わりとなる候補は

IdeaPad Slim 550i
IdeaPad Flex 550i

です。ぜひチェックしてみてください。

同じくらいの価格、同じようなスペックに見えますが、ディスプレイの質が1ランク~2ランクくらい違います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする