【PR】【アフィリエイト広告】

Office Home & Business 2021(永続版)は価格据え置きだがサポート期間が短縮。実質的な値上げになった。

10月5日のWindows 11発売と同時にOfficeも刷新されます。Office 2019からOffice 2021へ。

我々が見慣れたMicrosoft Office Home & Business 2019もHome & Business 2021へ刷新されます。

永続版(昔で言うところのパッケージ版)の価格は変わらず、3.5万程度となりそうです。

永続版は最初にお金がかかるけど、1回買っておけば長く使えるので長期的にはお買い得・・それが以前の常識でした。

しかし今回のOffice 2021のサポート期間は2026年までと5年しかありません。Office 2016では10年、2019では7年のサポート期間がありましたが、今回の2021は5年です。

サポート期間が過ぎたOfficeはセキュリティ更新プログラムが終了した状態ということです。当然ウイルス感染のリスクが高くなりますから、Office 2021を安心して使えるのは2026年10月までと考えておいた方がいいです。

サポート期間が5年へと短縮。
これで価格が据え置きなわけですから、実質的には値上げということになります。

ただ値上げされたものの、サブスク方式の365にするよりは安いというのは変わりません。

Microsoft 365(旧Office 365)は1年で1.2万かかります。買った1年は1.2万で安く済みますが、2年使うと2.4万、3年使うと3.6万と増えていきます。

WordPress Tables Plugin

表にあるように3年以上使うなら、365(サブスク)より永続版が安いです。

ちなみにMicrosoftはこの365推しです。こっちの方がお金になるので当然ですよね。

365は5台のPCにインストールできるので、社員が数名の小さな会社とかそういう場合にはお得ですが、普通の家庭だと365よりもやっぱり永続版が良いと思います。詳しくは記事の後半の比較を読んでください。

この記事では永続版のことを

・自分でライセンスを買ってインストールするやつ(Microsoftアカウントと紐づけ)

として呼んでいますが、もう1つ

・買ったPCに付いているプリインストール版(PCに紐づけ)

も一応永続ライセンスなので永続版と言えなくもありません。

ただそうすると名前で混乱するので、当サイトでは

  • 永続版
  • 365
  • プリインストール版

というように分けて呼ぶことにしています。

Officeで我々が通常目にするのはこの3つです。

その特徴をざっと表にしてみました。

WordPress Tables Plugin

永続版は同時に2台のPCにインストール可能です。あとPCを買い替えたら、古いPC内のOfficeをアンインストールして新しいPCへインストールすることも可能です。

プリインストール版は1台のみ。PCと紐づいているので、PCを買い替えるとOfficeも買い替えになります。プリインストール版のHome & Businessは約2万円です。

永続版、365、プリインストール版の中でどれがお得なのか?はインストールしたいPC台数によって決まります。

PCの買い替え年数を無視して考えると、

PCが1台 ⇒ プリインストール版
PCが2台 ⇒ 永続版
PCが3台以上 ⇒ 365

と覚えておけばOKです。

繰り返しになりますが、プリインストール版はPCを買い替えるとOfficeも買い替えなので、それで思わぬ出費になる可能性もあります。そこだけは注意しておきましょう。

Web版のMicrosoft Officeも試してみよう

Web版のOfficeは無料です。機能は一部制限されていますが、これでも十分使えます。

有料版Officeを買う前に、無料のWeb版Officeを試してみてもいいかもしれません。

簡単な表計算やグラフ作成などであれば、Web版で十分だと思います。

Web版の Excel、Word、PowerPoint

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする