HP Pavilion 13-an0055TU (SAKURAカラー) Core i5モデルが6万円台という安さ

HPのPavilion 13-an0000は2019年に発売されたばかりの新しいモデルなんですが、発売直後から値引きセールがすごくてとうとう6万円台まで来ました。

・13.3インチで1.26kg
・Core i5-8265U
・メモリ8GB
・SSD256GB
・FHD(1920×1080)

6.5万円(税込、送料込)

発売当初は10万以上しました

筐体カラーはSUKURAとモダンゴールドの2種類ありますが、

SAKURA⇒6.5万
モダンゴールド⇒7.0万

SAKURAの方が安いです

SAKURA=ピンク

というイメージで男性から敬遠されてるんだと思います

実際の色はシルバーピンクに近くとても上品です

モダンゴールドにすると+5千円かかります

どちらにしても安いです

このクラスは価格競争が激しいので、ユーザーからするとお買い得です

ライバルが7万円台の中、このPavilion 13だけが6.5万(SAKURAカラー)

しかもこの軽さでフルサイズSDカードスロットが付いています

Pavilion 13の良くない点は、

・CPUのパフォーマンスが期待以下
・ディスプレイの視野角が狭い

の2つ


写真は以前レビューしたときのPavilion 13 画面の右端が少し暗くなっている

CPUパフォーマンスについてはライバル機種も同じようなものなので、このクラスのPCなら差はないと思っていてもいいでしょう。

しばらくするとCPUの世代が新しくなって、それに伴い、価格もアップする可能性があります

煽るのは好きじゃないですが、買うなら増税前の今だと思います

HP公式オンラインストア Pavilion 13
icon

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする