【PR】【アフィリエイト広告】

Zen3の性能がすごい。Ryzen 7 5800U搭載のThinkBook 13s Gen 3 (AMD)

LenovoのThinkBook 13s Gen 3 (AMD)は2021年6月発売のモバイルノート。

  • 13.3型1.26kg
  • CPUはRyzen 7 5800U、Ryzen 5 5600U (Zen 3アーキテクチャ)
  • ディスプレイは16:10のFHD相当 or 2.5K相当

という特徴があります。

かなりハイスペック仕様ですが、最小構成で9万円台とコスパはまずまず優秀です。

スペック概要

CPU: AMD Ryzen 5 5600U、Ryzen 7 5800U
メモリ: 8GB、16GB
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 13.3型 1920×1200、2560×1600
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: HDMI、ヘッドフォン
Wi-Fi: Wi-Fi 6対応
バッテリー: 15.9~16.1時間
重量: 1.26kg

ThinkBook 13s Gen 3 (AMD)は固定構成モデルとカスタマイズモデルがあります。

固定構成モデルの方が、値段も安く納期も早めですが、6月4日時点ではまだ値引き前の価格なので実質的にはまだ準備中という状態。

今後ラインナップが揃っていくはずです。

現在販売されているのは、カスタマイズモデルです。

Ryzen 5 5600U、Ryzen 7 5800U

Ryzenの5500U、5700UはAMDの「Zen 2」アーキテクチャ。

今回の5600U、5800Uが「Zen 3」アーキテクチャということで本命視されていたモデルになります。

ベンチマークもかなり優秀なスコアが出ています。

WordPress Tables Plugin

マルチスレッド性能が高いのはRyzenの傾向としてもうわかっていたことなのですが、このZen 3はシングルスレッド性能も高いです。

インテル第11世代のCore i7-1165G7を上回るスコアを今回のZen 3は叩き出しています。

今までのRyzenは、シングルスレッド性能が低く、Adobeソフトとの相性があまり良くないという問題がありましたが、5600Uや5800Uではその問題が改善されていると期待されます。

当然ですが、このCPU性能をフルに発揮するには、メモリはデュアルチャネル。そして8GBよりも16GBの方がベターです。

ディスプレイ

ディスプレイのアスペクト比は流行りの16:10

通常の16:9よりも縦長になっているので、Webページを表示したときの情報量が増えてます。スクロール回数を少なくなり、作業効率がアップします。

また解像度もFHD相当(1920×1200)と、2.5K相当(2560×1600)が用意されています。

  • 輝度は300nit
  • 色域はsRGB100%

と優秀な液晶です。

画像編集などクリエイティブな作業用として使えるでしょう。

インターフェイス

USBポートは3つ。USB-Cが1つ、USB-Aが2つです。

USB-Cは電源ポートを兼ねているので常時空いてるポートはUSB-Aの2つのみです。

できればUSB-Aの1つはUSB-Cになってくれてたら良かったです。

あとはHDMIとヘッドフォンジャックのみ。
SDカードスロット、microSDカードスロットはありません。

ポートの数はちょっと少なめです。

おすすめの構成

ThinkBook 13s Gen 3 (AMD)は、普段使いとしては勿体ないPCです。

・画像編集、動画編集が快適な性能
・持ち運びできる軽さ

の2つを求める人向けのPCです。

Ryzen 5 5600U、Ryzen 7 5800Uの性能を活かすためにもメモリは16GBにしておきましょう。

ディスプレイはFHDでもまずまずですが、高精細な2.5K相当(2560×1600)もそんなに高くないので、納期が早ければ2.5K液晶を選択しておきたいです。

CPUをRyzen 5に留めておけば、上記の構成で10.8万円(税込、送料込)になります。

Ryzen 7でSSDを512GBにすると、14.3万円(税込、送料込)。

文句のない最強構成です。

今後固定構成モデルが出てくれば、価格も少し安くなるかもしれません。

Lenovoの公式ストアで最新情報をチェックしておきましょう。

ThinkBook 13s Gen 3 (AMD)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする