【PR】【アフィリエイト広告】

Lenovo Yoga 970iはキーボードに注意。

LenovoのYoga 970i(第12世代インテル)は2022年6月発売のノートPC

  • Yogaの最上位900番台
  • 360度回転パネル、ペン付き
  • 14型1.4kg
  • CPUはインテル第12世代インテルPシリーズ
  • 4K、有機ELディスプレイを搭載可能

という特徴があります。

スペックは最高ですが、キーボードの配列には注意が必要です。

右端に一列追加された専用キーがありますね。

上から、

  • パフォーマンスモード切替
  • Webカメラの背景をぼかす
  • オーディオプロファイルの切替
  • ダークモード切替
  • 指紋センサー

となっています。

このショートカットキーをありがたいと感じるか、余計なことを・・と感じるかでこのマシンの評価は変わってきそうです。

筆者もまだ実機をさわっていないので、追加されたキーの便利さが正直実感できていません。

わかるのは、EnterキーやBackspaceキーなどが右端にないので、慣れるまでミスタイプが増えそうということだけ。使ってみれば意外と大丈夫なのかもしれませんが、最低でも15万以上するこのYoga 970iで冒険する気にはなれないかな~とぼくは思います。

この特殊なキー配列はYoga 970iだけで、他のYoga 700番台600番台にはない配列です。

970iを買おうか迷ってる人で、このキーボードがちょっと不安だという人は、770や770iといった機種も候補に入れてみることをおすすめします。

まずはYoga 970iのスペックから説明していきます。

スペック概要

CPU: Core i5-1240P、Core i7-1260P
メモリ: 16GB LPDDR5-5200MHz
SSD: 256GB、512GB、1TB
ディスプレイ: 14インチ FHD、2.8K+OLED、4K+OLED、タッチ対応
グラフィックス: Intel Iris Xe
USBポート: Thunderbolt 4 x2、USB-C x1、USB-A x1
インターフェイス: ヘッドフォンジャック
Webカメラ: FHD(1080p)
顔認証あり、指紋認証あり
重量: 1.4kg
ペン: Lenovo E-カラーペン

第12世代インテルPシリーズを搭載したハイスペック仕様です。

ディスプレイの選択肢は3つ。FHD液晶、2.8K有機EL、4K有機ELです。

ペンが付属。Lenovo E-カラーペンはWeb上の色をキャプチャすることができるペンでLenovoが出してるデジタルペンの中では最上位のものになります。

Yogaの900番台はかなり以前のモデルをさわったことがありますが、タッチパッドの滑らかさも素晴らしく、非常に洗練された製品だという印象があります。

その分、価格も高め。最小構成のCore i5 + FHDモデルでも15.4万(税込、送料込)です。

ここに冒頭で挙げたキーボード問題が加わるわけです。

自分がもし買うとするなら、1つ下位のYoga 770iにするかもしれません。

Yoga 770iとの比較

Yoga 770iは4Kにできないものの、2.8K有機ELを搭載できます。
そしてキーボードが通常のYogaシリーズの配列です。

各種条件を寄せて比較すると表のようになります。

WordPress Tables Plugin

770iの方が3万以上安いです。

2.8Kで満足できるなら770iを選んだ方がいいのでは?と思います。

Lenovoストア Yoga 770i

キーボードが気にならない人、4Kにこだわりたい人はスパっと最上位の970iを買いましょう。

Lenovoストア Yoga 970i

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする