dynabook EZ35/L 2019冬WebモデルはCore i3モデルがおすすめ

dynabookの15.6型スタンダードノートと言えば、これまではdynabook AZシリーズでしたが、今回から名前が変わりEZシリーズとなっています

2019年の冬モデルとして登場したのがEZ55、EZ35、EZ15の3モデルです

EZ55はややハイスペックすぎ
EZ15はスペックが物足りない

ということで、ちょうどいいのはEZ35ではないでしょうか

その中でもおすすめはCore i3モデルです

CPU: Core i3-8130U
メモリ: 8GB
SSD: 256GB
ディスプレイ: 15.6インチ FHD(1920×1080) 光沢なし
USBポート: USB3.0 x4
インターフェイス: RGB、有線LAN、HDMI、ヘッドフォン
重さ: 2.4kg

Core i3の性能はどんどん進化しており、数年前のCore i7に匹敵します
ネット、動画鑑賞、文章作成など基本的な作業であれば、Core i3で十分です
簡単な画像編集も可能です

SSDで起動も速いですから、これでストレスを感じることはほぼないでしょう。

これで価格は7.6万円(税込、送料込)

MS Officeソフトを付けるも9.2万円と10万を切ります

重さ(2.4kg)があるので完全に据え置き用となりますが、有線LANポートやDVDドライブなどもしっかり完備しています

これまで通りの使い方で、ちょっとだけ性能アップしたい

というdynabookファンの人にはこれを推奨します

7.6万という価格は会員価格です
dynabookは例によって無料会員になれば大幅値引きになります

公式オンラインストア dynabook EZ35/L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする