Core i5-1230U、PassMarkのベンチマークスコア

Core i5-1230UはTDPが9Wという低い電力設定で、薄型ノートやタブレットに搭載されるCPUです。第12世代インテルの中では下位レベルですが、それでも第11世代のCore i5-1135G7相当の性能はあるようです。

PassMarkのベンチマークスコアは以下のとおり。

マルチスレッドでは、Core i5-1135G7よりも下ですが、シングルスレッドが2927とまずまずあるので普段使い~ビジネス利用に適していると思われます。

ベンチマークソフトのPCMark 10 Essentialsはアプリ起動やWebブラウジングといった基本的な作業の快適性を示すスコアです。

グラフを見ると、Core i7-1165G7とCore i5-1135G7の中間くらい。悪くない結果です。

第12世代インテルで性能を求めるなら、Core i5-1240PやCore i7-1260Pがベストでしょう。しかし性能はそこそこでOKなら、Core i5-1230Uにもメリットはあります。

9Wという低い電力消費のお陰で

  • バッテリーライフが長くなる
  • 筐体が熱くならない
  • ファンで冷やす必要がないので音も静か

というのが一番のメリットです。

あと価格も少し安いです。

Core i5-1230U搭載のPC

DELLのXPS 13 9315はCore i5-1230Uを搭載しています。

Core i5-1230U
メモリ 8GB
SSD 256GB
ディスプレイ 13.4インチ FHD、非光沢
重量 1.17kg

という構成で13.8万円(税込、送料込)です。

2022年6月発売の機種です。

DELLストア XPS 13 9315

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする