【PR】【アフィリエイト広告】

AMD Ryzen 7 7840UのPassMarkベンチマーク

AMD Ryzen 7 7840Uは8コア16スレッドのCPU(APU)です。

2023年以降のノートPCやミニPC、ポータブルゲーム機に搭載されています。

ASUSのポータブルゲーム機ROG Allyで有名になったRyzen Z1 Extremeとほぼ同じ性能と見ていいでしょう。Z1 Extremeと7840Uは、コア数スレッド数が同じ、基本周波数、ブースト周波数も同じ、ほぼ同じ仕様です。

ただし7840Uの方は、AIエンジンを搭載しているという点で若干の差があります。この差が実際の性能にどのくらい効いてくるかはわかりません。ただ現状のベンチマーク結果を見る限りはあまり気にしなくても良さそうです。

2023年11月時点のRyzen 7 7840UのPassMarkスコアは

・サンプル数 70
・シングルスレッド 3582
・マルチスレッド 25214

となっており、これまでの薄型ノート用のRyzen 7より大きく性能を伸ばしています。

WordPress Tables Plugin

Ryzen 7 7735Uは2023年のモバイルノートの中ではトップクラスの性能がありましたが、新しい7840Uのマルチスレッド性能はそれよりもさらに18%上を行きます。

冒頭に述べたZ1 Extremeと近いスコアですが、若干Z1 Extremeの方が高く出ています。これは測定誤差、または機種による設定の差ということでしょう。

内蔵GPUも高い

Ryzen 7 7840Uとセットになる内蔵GPUはRadeon 780M。

このグラフィック性能も高いです。

GTX 1650には届かないものの、Steam上のゲームなど、軽めのゲームを楽しむくらいなら問題なさそうです。

まとめ

Ryzen 7 7840Uは、2024年の薄型ノートPCに搭載されるCPUでエース格となり得るポテンシャルがあります。価格もそんなに高くないはずです。

ライバルはインテルの第14世代。こちらは2023年12月15日以降に情報が入ってくる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする