【PR】【アフィリエイト広告】

DELL Inspiron 15 3505 Ryzen 3搭載モデルが5万円台で。HP 15s-eq1000との比較

DELL Inspiron 15 3505は15.6型1.83kgのスタンダーノート

Inspironの3000シリーズ(3505)なので、一番安いクラスのInspironになります

スペック概要

CPU: AMD Athlon Silver 3050U、Ryzen 3 3250U、Ryzen 5 3500U、Ryzen 7 3700U
メモリ: 4GB、8GB
SSD: 256GB、512GB
ディスプレイ: 15.6インチ HD(1366×768) or FHD(1920×1080)、非光沢
USBポート: USB3.2 Gen1 x2、USB2.0 x1
インターフェイス: 有線LAN(RJ-45)、HDMI、SDカード、ヘッドフォン
重さ: 1.83kg

3505と末尾の数字が5なので、CPUはIntelでなくAMDとなります。CPUの選択肢は多いです

一番安いAthlon Silver 3050Uでもけっこう性能は良く、2年前のCore i3レベルはあります。

ネットや動画鑑賞など基本的な作業であれば、Athlon Silver 3050Uでも快適にこなしてくれるでしょう

Athlon Silver 3050UにするとフルHDじゃない

CPUをAthlon Silver 3050Uにすると、ディスプレイ解像度がフルHDではなくHD(1366×768)になってしまうのは大きなマイナスだと思います

このパソコンで何をするかにもよりますが、Youtubeを観たり、映画を観たりとパソコンで何かを映像や画像を見ることが多い人にはおすすめしません。

いまはスマホのキレイな画面に慣れていますから、パソコンのHDディスプレイはかなり画像が荒く、そして暗く感じると思います。

CPUはRyzen 3以上だとフルHDを選択できるので、Ryzen 3、Ryzen 5あたりが人気となりそうです。

仮にRyzen 3を選択すると、

Ryzen 3 3250U
メモリ8GB
SSD 256GB
フルHD

という構成で5.7万円(税込、送料込)となります

◆HP 15s-eq1000との比較

ぼくが購入した15.6型のノートPC、HP 15s-eq1000と比較してみます

WordPress Tables Plugin

CPUやメモリ、SSDの条件は同じです。HPの方はディスプレイがIPS液晶で視野角が広くなっています。DELLのInspiron 15 3505がIPSかどうかは不明ですが、IPSではない可能性の方が高い気がします

あとHPにはUSB-Cポートが付いていますが、DELLには付いていません

その代わり、DELLには有線LANポートがあります

価格はHPの方が安く、5.2万円です

ディスプレイ、USB-C、価格。
総合的に見ると、この3条件でポイントをとったHP 15s-eq1000の方に軍配を上げたいと思います

さらにHPの方は、CPUをAthlon Silver 3050Uにすると3万円台で買えます。

気になる人はぼくのレビューを読んでみてください

HP 15s-eq1000は2020年5月発売モデル 3万円後半で買えるノートPCとしてはかなり品質が良く、ライトユーザーに...

DELLのInspiron 15 3505も悪くないのですが、HP 15s-eq1000と比べると現時点では少し見劣りしてしまいます。

しかし最近のDELLは、HPやLenovoとの価格競争を激しくやり合う傾向があるので、今後値下げが来る可能性が十分あると思います。

DELLのオンラインストアで最新情報をチェックしてみてください

DELL公式ストア Inspironシリーズ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする