【PR】【アフィリエイト広告】

IdeaPad Flex 570(14型 AMD) ペン付きで人気の2-in-1は買いか?

LenovoのIdeaPad Flex 570(14型 AMD)は2022年6月発売のPC

  • 360度回転式パネル(2-in-1タイプ)
  • ペン付き
  • CPUはRyzen 7 5700U
  • ディスプレイの縦横比は16:10

という特徴があります。

ペンでイラストを描いたりする人や、ペンを使った画像編集を行いたい人におすすめの一台です。

スペック概要

OS: Windows 11 Home
CPU: AMD Ryzen 7 5700U
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 14インチ 1920×1200、光沢、タッチ対応
USBポート: USB-C x1、USB-A x2
インターフェイス: フルサイズSDカード、HDMI、ヘッドフォン
Webカメラ: HD(720p)
顔認証なし、指紋認証あり
Wi-Fi: Wi-Fi 5対応
重量: 1.55kg
ペン: Lenovoデジタルペン

6月3日時点での価格は9.7万円(税込、送料込)です。割引率最大のクーポンを使用すると10万を切ります。

CPUは2021年モデルと同じAMD Zen2アーキテクチャですが、ディスプレイが16:9から16:10になるなど、デザインの変更が少しあります。

事前の情報だと、ディスプレイがFHD以外に、2.2K(2240×1400)も用意されるのでは?とのことでしたが結局FHDのままでした。

現在は2021年モデルも販売されているので、それと比較してみると以下のようになります。

WordPress Tables Plugin

CPUは同じでもメモリの速度は2022年モデルの方が少し上。
さらにディスプレイの輝度も明るくなっています。

これで5千円の差なら、新しい2022年モデルを買った方がいいかなという気がします。

今後は2021年モデルの在庫処分セールがくると予想されるので、そのときは2021年モデルの方がお買い得になることもあると思います。

買い?様子見?

いま急いで買うべきかどうか?と問われると正直難しいです。

Ryzen 7 5700UというCPUが2022年時点でそこまで魅力がないことは確か。

同じRyzenならRyzen 7 5800UやRyzen 7 5825Uの方が断然いいです。もっと言えばRyzen 6000シリーズだったら最高でした。性能を重視するなら、いろいろ他の選択肢を考えてもいいかなと思います。

買うべき理由もいくつかあります。

・Flexは人気でよく在庫切れになる
・いま買えばすぐ届けてくれる
・Ryzen 7、ペン付きで9.7万なら悪くない

Ryzen 7 5700Uも画像編集や軽めの動画編集に対応できるので悪くないです。8.7~9.1万くらいまで下がってくれたら文句なしに買いでしょう。

割引率最大のクーポンコードはこちらのページに載っています。

Lenovoストア IdeaPad Flex 570 (14型AMD)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする