【PR】【アフィリエイト広告】

グレードダウン? Lenovo Ideapad Slim 350iは期待ハズレ

LenovoのIdeapad Slim 350iは14インチのノートPC

Ideapad S340の後継機となります

名前が似ている機種がいくつかあります

Ideapad Slim 350 14 ⇒ 同じ型だけどCPUがAMD Ryzen
Ideapad Gaming 350i ⇒ ゲーム仕様
IdeaPad Slim 350i Chromebook ⇒ Chromebook

これらと間違えて買ってしまうことのないよう注意してください

CPU: Core i3-1005G1、Core i5-1035G1、Core i7-1065G7
メモリ: 4GB、8GB
ストレージ: SSD 128GB、256GB、512GB
ディスプレイ: 14インチ FHD(1920×1080) TN液晶
USBポート: USB3.0 x2、USB2.0 x1
インターフェイス: HDMI、SDカード、ヘッドフォン
重さ: 1.5kg

基本スペックは前モデルのIdeapad S340と同じです

結論から言うと、今回のIdeapad Slim 350iはおすすめしません

Slim 350iを買うなら

・1つ前のモデルS340を買うか
・S540やC340を買うか
・今後発売予定のIdeapad 500番台を買う

の方が良いです

今回のSlim 350iは出来が良くないです

順を追って見ていきましょう

ディスプレイ

ディスプレイは一番コストの低いTN液晶で、輝度も220nitと暗めです

これは前モデルもそうだったのでまだいいのですが、ディスプレイのベゼル(フレーム)が悪化してます

ベゼル(フレーム)の上下が厚くなっており、ベゼルが狭いのは左右のみです

旧モデルのIdeapad S340では上下左右ともに、ベゼル幅が狭いタイプでしたからこれは明らかにグレードダウンだと思います

USB-Cなし

USBポートもグレードダウンしました

USB-Cがなくなり、転送速度の遅いUBS2.0が付いています

Ideapad Slim 350i
⇒ USB3.0 x2、USB2.0 x1

Ideapad S340 (2019年発売モデル)
⇒ USB3.0 x2、USB-C x1

Ideapad S340との比較

WordPress Tables Plugin

こうして表で比較するとよくわかります

左が2019年発売のS340、右が2020年発売のSlim 350i

左のS340の方が新しいモデルかと思うくらいです

サイズもS340の方がコンパクト
薄さもS340の方が薄いです

価格もS340の方が安いです

現時点でSlim 350iを買う理由は全くないと言ってもいいでしょう

Ideapadの2019年モデルが出来すぎだったというのもありますが、2020年モデルはちょっと地雷臭がしますね。

同じ2020年モデルでもSlim 350 14(AMD)の方は、CPUがRyzen 4000番台で大幅に性能アップしていますので、まだ買う理由があります

しかし今回紹介したIdeapad Slim 350iは、CPUもS340と同じなので、買う理由がないという結論になります

代わりに何を買うべきか?

じゃあS340を買えってことなのか?と言われると、それは要求スペックにもよるので一概には言えません

最初に書いたとおり、

・1つ前のモデルS340を買うか
・S540やC340を買うか
・今後発売予定のIdeapad 550シリーズを買う

の中からの選択になるかと思います

2019年モデルのIdeapadは優秀です

ざっくりした選び方はこんな感じ

逆に、

S145
Slim 350i
L350

といった2020年に発売されたエントリーモデルは注意が必要です

Lenovo公式ストアIdeapadシリーズ一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする