1kg以下で11~12万円。おすすめノートPCを2台に絞ってみた。【2021年4月更新】

1kg以下の超軽量ノートPCが10万前後、11~12万くらいで買えるようになった2021年。

その中で当サイトでレビューした3機種を比較してみました。

デザイン、性能、ディスプレイ、キーボードなど項目ごとに点数をつけています。

  • HP ProBook 635 Aero G7
  • Lenovo Yoga Slim 750i Carbon
  • dynabook GZ/HP

この3機種はどの項目も点数が高く、非常に完成度の高いPCです。

6項目を合計した総合点では、HPが515点でトップ。
Lenovoとdynabookが510点で同点2位という結果になりました。

参考までにMicrosoft Surface Laptop Goも同じ基準で採点すると以下のようになります。

Surface Laptop Go
デザイン、カッコ良さ 90点
性能 75点
ディスプレイ 85点
キーボード 85点
インターフェイス、端子類 75点
バッテリー 75点
総合点 485点
重量 1.11kg
価格 10.2万

Surface Laptop Goは、デザインが高得点ですが、性能は明らかにランクが落ちますし、バッテリーやインターフェイスも平均以下なので総合点は485点としました。

最初に挙げた3機種とは差があります。

Surfaceを基準として見たとき、いかに3機種が優秀かがわかります。

特にHP ProBook 635 Aero G7は価格も安く、Ryzen 5モデルが8.5万円(税込、送料込)で買えます。

総合点が高く、価格も安い。HP ProBook 635 Aero G7で決まりな気がしますが、残念ながらこの機種は在庫切れです(4月11日現在)。

いまは世界的に半導体の供給不足が深刻で、在庫が復活するのは5月~6月くらいになるのではないかという状況です。

ということで、いま買うなら残りのLenovo Yoga Slim 750i Carbonか、dynabook GZ/HPがおすすめとなります。

残りの2機種も在庫が豊富にあるというわけではないので、できるなら早めに押さえた方がいいでしょう。

Yoga Slim 750i Carbon

白いカーボンと銘打って売られているこの機種。一度は目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

ボディはカーボン素材でとてもに丈夫です。
清潔感のある白で、指紋や汚れが目立たないデザインです。

Core i5-1135G7
メモリ8GB
SSD 256GB

という構成で12.0万円(税込、送料込)です。

Lenovoストア Yoga Slim 750i Carbon

dynabook GZ/HP

dynabook GZシリーズの新モデルは弱点を見事に克服して、完成度が上がっています。

デザイン面では少し劣りますが、軽さ(888g)、キーボード、インターフェイスが長所です。

Core i5-1135G7
メモリ8GB
SSD 256GB

という構成で12.0万円(税込、送料込)

この構成だと納期は2週間~4週間となっています。

dynabookは秘密の販売ページがあります。

dynabook プレミアムログイン

上記のリンクをクリックすると、ログイン画面になります。

IDとパスワードをコピペしてログインします

ID: dyna204cls
パスワード: T8Y7GRSV

当サイトの読者限定のIDとパスワードです。

ログインすると、以下のようなdynabookの販売ページになります。

ちょっと怪しいですが、れっきとしたdynabookの公式ストアです。

dynabookが一般ユーザーとは別にわざわざ用意してくれた販売ページです。

「当サイト(デジタリスタ)経由で購入すると安くなりますよ」っていうやつですね。

あとはこの販売ページで普通に買い物するだけです。

今回紹介したのはdynabook GZ/HPは12.0万⇒11.6万。
4千円ほど安くなります。

上記のIDとパスワードを使ってログインしてください。

dynabook プレミアムログイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする