【2018年9月更新】タイプ別ノートパソコンの選び方とチェック項目を簡単にメモってみた

1.持ち運び用ノートPC

・毎日、もしくはそれに近い頻度で持ち歩きたい人向け
・ディスプレイのサイズは12.5インチ~13.3インチ
・重さは1.2kg以下

高いやつ
・CPUがCore i5かCore i7
・メモリは8GB以上
・SSDは256GB以上
・ディスプレイはフルHD(1920×1080)以上
・価格は9万~13万

安いやつ
・CPUはCore m3以上、CeleronやAtomはダメ
・メモリは4GB以上
・SSDは128GB以上
・価格は7万~9万

◆コメント
このクラスはどのメーカーも力を入れてるので、そんなにハズレはないが、見た目重視か、実用性重視かではっきり好みが分かれるので、自分の欲しいタイプをよく考えて買おう

2.たまに持ち運ぶノートPC

・月に2、3回持ち歩きたい人向け
・ディスプレイのサイズは13.3インチ~14インチ
・重さは1.3kg~1.8kg

・CPUがCore i3以上
・メモリは8GB以上
・SSDは256GB以上
・ディスプレイはフルHD(1920×1080)以上
・価格は6万~9万

◆コメント
このクラスは多くの人におすすめ。特に量販店とかで5万以下の安いパソコンを買ってる人には、あと1、2万出してぜひクラスのパソコンを買ってみてほしい

3.据え置き用ハイスペックノート

・持ち歩かないが、家でガッツリ重めの作業をしたい人むけ
・ディスプレイのサイズは14インチ~15.6インチ
・重さは1.8kg~2.5kg

・CPUはCore i7-8550U以上。末尾は「U」ではなく「H」の選択肢も。
・メモリは8GB以上
・SSDは256GB以上
・外部GPUとしてNvidiaのGeForce GTX 1050以上
・価格は13万~30万

◆コメント
基本上級者向けなので、特にアドバイスしなくても自分の欲しいものはわかってるはず

4.据え置き用ノート

・持ち歩かないし、やることもネットや動画など軽め
・ディスプレイのサイズは15.6インチ
・重さは1.8kg~2.5kg

・CPUはCore i3~i5、Core i7はいらない
・メモリは8GB
・SSDは256GB以上
・価格は6万~9万

◆コメント
ライトユーザー、シニアユーザーに人気だが、まだSSDの良さは浸透していない
Core i7 + HDD1TBみたいなアンバランスな構成の製品が多いのも確か

5.チェック項目(すべてのタイプで言えること)

・キーボードが打ちやすかどうか
・タッチパッドの操作性(手を抜いてるメーカーが多い)
・USBポートの数、種類
・フルサイズのSDカードが直接挿せるかどうか?
・有線LANポートが付いてるかどうか
・ディスプレイはタッチ対応かどうか
・ディスプレイの光沢タイプと非光沢タイプ、自分の好みはどっちか
・変形してタブレットになるタイプが本当に必要か

6.NG

・HDDはダメ

7.比較サイト

価格.comのノートパソコン スペック検索はとても便利

http://kakaku.com/specsearch/0020/

しかしLenovoのThinkPadなどカスタマイズ自由度が高いパソコンの情報は不完全なので注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする