IRIE mini PC (FFF-PCM2B)、8インチ657gがサブ機として良さげ

IRIE mini PC (FFF-PCM2B)は2022年5月発売の8インチ2-in-1ノート。AmazonではFFF UMPCという名前で販売されています。

  • ボディの横幅20㎝というコンパクトさが最大の魅力。
  • CPUはCeleron N4120(4コア4スレッド)でギリ普段使いOK。

という特徴があります。

価格は3.8万円(税込、送料込)とまずまず安いです。

メーカーはFFF SMART LIFE CONNECTED株式会社(旧MARSHAL株式会社)。日本の会社です。PC、PCパーツ、PC関連商品の販売を主におこなっており、PC本体の販売は2018年くらいから。3万円台の安いノートPCを扱っています。

スペック概要

OS: Windows 11 Home
CPU: Celeron N4120
メモリ: 6GB
ストレージ: eMMC 128GB
ディスプレイ: 8インチ 1920×1200、IPS、タッチ対応
USBポート: USB-C x1、USB3.2 x1、USB2.0x1
インターフェイス: microSD、miniHDMI、ヘッドフォンジャック
Wi-Fi: Wi-Fi 5対応
指紋認証あり、顔認証なし
サイズ: 201x129x20 mm
重量: 657g

OSはWindows 11です。
CPUはCeleron N4120なので性能は高くありません。

PassMarkのベンチマークスコアは以下のとおり。

大体の目安として

  • シングルスレッドが1500以上
  • マルチスレッドが2500以上

あれば普段使いは快適です。

Celeron N4120はシングルスレッドのスコアが1102と低いです。
マルチはかろうじて2500あるので、全体の評価は△

ギリギリ使えるかなという感じです。

メモリも4GBじゃなく6GBあるのが良い点です。
ただしメモリの増設はできません。

あとAmazonにはミスでメモリ4GBと記載されています。公式HPと楽天には6GBとあるのでAmazonが間違いだと思いますが、こういうミスはちゃんと気をつけてほしいところですね。4GBと6GBの差はけっこう大きいので。

ストレージは128GBあるので、ある程度のファイルは保存できるはず。
画像や動画を保存するのには向きません。

できることは

○ネット、動画鑑賞
〇電子書籍
○オフィス系ソフトで事務作業
×画像編集(RAW現像)
×ゲーム

といった感じ。

サブ機としては悪くなさそうです。8インチサイズは電子書籍を読むのにもちょういいサイズです。

写真は以前レビューした8インチタブレット。右のスマホと比べてもらえると8インチのサイズ感がわかるかと思います。

ディスプレイ

ディスプレイは8インチながら1920×1200と高精細です。

・光沢タイプ
・IPS(広い視野角)
・タッチ対応

という仕様。

このサイズだとキーボードがアテにならないので、タッチ対応になっているのがうれしい点です。

キーボード

8インチということでキーボードは妥協しないといけません。

まずタッチパッドがありません。

代わりに小さなポインティングデバイスが付いています(小さな四角)
ここを指でなぞってカーソルを動かすわけですが、それが嫌なら画面を直接タッチするか、マウスを接続してマウスで操作するのが良いでしょう。

キー配列もけっこうキツキツです。

キーの形状が極端に小さいものもありますし、Enterキーもこの大きさでは満足できないと思います。

このキーボードでがっつり仕事するということは諦めた方が良さそうです。

USBポートなど

USBポートは3つ。

しかもUSB-Cポートが1つあり、PD(電源供給)に対応しています。
30Wのモバイルバッテリーで充電することが可能です。

他の特長としては指紋センサーが付いている点。
指紋で簡単にログインできるのはとてもいいです。

まとめ

  • 普段使いならギリOKな性能
  • ディスプレイも良い
  • キーボードは妥協が必要
  • USB-Cポートあり、タイプC充電も可能

これで3.8万(税込、送料込)なら悪くないかなと思います。

IRIE mini PC (FFF-PCM2B)は楽天やAmazonで購入できます。

Amazon FFF-PCM2B

楽天 IRIE miniPC FFF-PCM2B

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする