趣味レベルのRAW現像におすすめのノートPC

AdobeのLightroomやPhotoshopを使ってRAW現像を快適に行うためのノートPCとしてぼくが思う条件をいくつか挙げてみました。

先に軽く結論

・CPU(インテル) Core i5-1135G7、Core i7-1165G7
・CPU(AMD) Ryzen 5 4500U、Ryzen 7 4700U
・メモリ 16GB (8GBだと不安)
・SSD 512GB以上
・ディスプレイ 据え置きなら15.6インチ
・ディスプレイ フルHD以上、輝度300nit以上、sRGBカバー率100%
・SDカードスロット付き

この条件なら予算は10万前後といったところ。

趣味レベルのRAW現像なら、そこまで強いマシンを買わなくても大丈夫です。

実際ぼくは上記のようなスペックで、レタッチ多めの写真を作成しています。

ぼくは主にPhotoshopで使ってレタッチしています。

CPU

まず重要なのがCPUです。画像編集ではグラフィック性能よりもCPU性能の方が効きます。

インテルなら最新第11世代のCore i5やCore i7。
AMD RyzenならRyzen 5 4500UやRyzen 7 4700Uがおすすめです。

メモリ

メモリは16GB欲しいところ。

Lightroomの公式ページには「12GB以上を推奨」とはっきり書いてあります。
8GBだと不安です。実際動くことは動きますが、ちょっと重たいなと思う時が所々であります。

SSD容量

SSD容量は512GB以上が理想です。
容量不足はクラウドでまかなうから大丈夫という人は256GBでも悪くないでしょう。

グラフィックス

理想は外部GPUを搭載した機種ですが、最近のノートPCはグラフィック性能も進化しているので、内蔵GPUでもけっこう戦えます。

そしてRAW現像は基本的にCPU性能が圧倒的に効きます
グラフィックスはアシスト的な役割と考えておけばいいでしょう。

グラフィックスが効く場面は例えばPhotoshopならぼかしフィルター、ぼかしギャラリーなどを使うときです。

編集スタイルによってグラフィックスの重要度は変わりますが、一般的に言えばそこまで重視しなくてもいいかなと思います。

ディスプレイ

サイズは15.6型、もしくは14型くらいまでがベストかなと思います。
13.3型となるとさすがにちょっと小さすぎます。

解像度はフルHD(1920×1080)で十分でしょう。
予算に余裕があるなら4K(UHD)液晶にする手もありですが、趣味レベルならフルHDで十分です。

それよりもこだわりたい条件は

  • 明るい(輝度300nit以上)
  • 色域が広い(sRGBカバー率100%以上)

の2つ。

この2条件とメモリ16GBという条件を入れると、7~8万くらいの安いPCが軒並み脱落します。

またゲーミングノートで、グラフィック性能だけ高いPCも脱落します。

ここが重要なポイントで、安いゲーミングPCはグラフィック性能がそこそこあるのでRAW現像に良さそうですが、ディスプレイの質が基準に達していないことが多いのです。

RAW現像用のノートパソコン選びで

  • グラフィックスか
  • ディスプレイ輝度、色域か

2つのどちらを重視するかで方向性が決まります。

15万くらい出せる人は両方を。10万前後が予算なら「ディスプレイ重視」がおすすめです。

SDカードスロット

最後はSDカードスロット。

デジカメのSDカードを直接挿すことができると、とても便利です。

意外ですが、この条件を満たすノートは多くはないです。microSDではダメなので注意しましょう。

USBポートにSDカードリーダーを着ければ代用できますが、やはりPC本体にSDカードを挿せるのが理想です。

まとめ

以上の条件に合うPCはかなり少ないです。

mouseやLenovo、DELL、候補はいくつかあるのですが、2021年2月26日現在で在庫切れ、販売終了のものが多く次々と脱落。残った中で圧倒的に良かったのがHPのENVY x360 15-ee (AMD)です。

CPU: Ryzen 5 4500U (Ryzen 7でも可)
メモリ: 16GB
SSD: 512GB
ディスプレイ: 15.6型 FHD(1920×1080)
輝度: 400nit
sRGBカバー率: 99%
SDカードスロット付き

9.5万円(税込、送料込)
Ryzen 7なら10.5万です。

コスパ的にこれがベストバイでしょう。

HPにはクリエイター向けPCとしてENVY 15-epという機種もありますが、
そちらよりもENVY x360 15-eeの方が条件が良いです。

ディスプレイ輝度は400nit、sRGBカバー率99%と優秀です。

全体的に見ると、プロ用としてはやや不足かなという気もしますが、弱点のないスペック構成と安さが魅力です。

公式オンラインストア ENVY x360 15

◆関連記事

HP ENVY x360 15-ee (AMD)はRyzen4000番台を搭載したHPの2020年モデルです ENVY x3...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする